別海町にて、糖分補給をし中標津町のビジネスホテルにイン。
一応、載せておきましょう。
素泊りで泊まりました。この旅初の屋根付きバイク駐車場有。シーズンになると、テントが増設されてさらにバイクPが増えます。
部屋は至って普通、大浴場有(シャンプー、ボディソープ完備)で疲れが取れます。また、館内に漫画コーナ有。近場にセコマもあるので、朝はそこで調達。

さて、風呂で汗と疲れをながし夕飯に〜。ちょうど、ホテルの斜め向かいにある"鮨楽"さんにお邪魔しました。

店内は座敷とカウンターで、気さくなご主人が握る鮨はたいへん美味く、酒の肴も豊富でした。以下は様子です。DSC_0382
大きめのザンギです。まずはザンギと🍺でやりました。

DSC_0383
次は日本酒🍶とサクラマスのルイベです。
凍ってあるマスの身を口の中に入れる、溶けて絶品です。

DSC_0384
奮発して特上寿司です.

DSC_0386
全部美味しかったですが、やはり雲丹、いくら、数の子3兄弟が一番。

DSC_0387
こちらはボタンエビです。トロリとした身は美味。下のはホタテと大トロです。

やはり、素泊りにして夕飯は街に食べに行く、これが一番です。そうじゃないと、街が潤わないですからね。
街に近くないとこは2食プランか、セコマ調達にしてます。

風蓮湖で野鳥観察を終え、44号→厚床から243号で中標津へ。

243沿いには、廃線となった奥行臼駅跡があります。それがこちらDSC_0371
こちらは線路から撮りました📸 単線ですが、奥行臼駅は列車交換に待機線もあるから、🚞が走ってた頃は中規模以上の駅だったんですね。ポイント機もありましが、動きませんでした。
DSC_0369
新しく建てた解説板ですね。

DSC_0366
DSC_0368
駅舎内と昔の運賃表。やはり函館は一番高いですな。

奥行臼駅跡をあとにし、243を🏍。で、途中別海町を通りますが、言わずと知れた道東の一大酪農乳牛産地なので、おやつというか、水分補給以外は何も食べてなかったので、お昼&おやつでこちらを食べました。

場所→北海道野付郡別海町別海緑町付近

DSC_0376
チョコレートサンデー🍦濃厚なのにさらりとしたサンデーでした。 しかし、食べた日がちょい寒かったです。

DSC_0372
DSC_0373
メニュー。ホント、こういうTHE地元なやつが都内物産展にこないかな〜と思いますよ。別海町は他にも、巨大ポークチャップのロマンや野付半島先のレストハウスのホタテ🍔もあるので、物産展に最適なんだが。

🍦、美味しかったよ!と店の人に言ったら、喜んでくれて、ぽたぽた焼き等のお煎餅をくれました。これは明日以降役立つとは、、、

長くなったので、一旦きります。次回は🍣の出番?!

さてさて、給油証明書をもらいついにきました、こちらDSC_0351
どーんと、最東端納沙布岬。☁でしたが、水晶島や貝殻島までは見えました。


DSC_0353
岬から、北方領土までの分かりやすい距離都図ですな。ここまでくると、実感するね。


DSC_0358
岬にあった巨大なオブジェ。ホントに巨大で、近づくと大きさ故に怖い。

最東端をじっくり見たあとは、証明書や土産の花咲ガニを発送する為に市内と駅へ🏍


DSC_0359
根室駅前の観光センターにて、証明書やステッカーを漁ってたら、根室本線🚞が来たので📸。ダイヤが少ないから狙うと大変ですな。

DSC_0361
駅舎。最北端の稚内駅は、道の駅併設で観光地化されてますが、こちらはこじんまりとしてますね。

土産の発送、証明書をゲットし、今宵の宿のがある中標津へ。
途中、風蓮湖に寄りました。此処はかなりの野鳥観察が出来るスポットで、小型双眼鏡を持参してたので、観察しましたよ🕊️

DSC_0362
DSC_0365

次回は、奥行臼駅跡に魅惑のスイーツ。そして北の味覚が登場。

↑このページのトップヘ